痛風治療をしっかりと|風が止むのを待たずに病院行こう!

医者

体の不調に

病院

体は不調になった際何かしらのサインを発しています。それが病気の自覚が無くてもです。例えば、普段生活していてしびれることが増えたなどの症状が出た場合、リウマチを疑った方が良いでしょう。

もっと知ろう

がんの怖さ

お腹

日本人はがんになりやすいと言われています。そんながんで、かかる人が一番多いのが胃がんです。胃がんは食生活や飲酒習慣、喫煙習慣などでリスクがかなり高まります。これらを見直して健康的に過ごしましょう。

もっと知ろう

風でも痛む

男性

風が吹くだけで痛いという理由から名付けられた病気があります。それが痛風です。痛風は、ビールなどに含まれるプリン体の摂り過ぎでなる病気だと言われています。また、脂質やタンパク質の摂り過ぎも原因になるため、贅沢病としても知られています。こういった食生活をすると尿酸値が高まります。その尿酸が結晶化し、痛みを引き起こすのです。なので、痛風を防ぐためには正しい食生活が必要だと言えるでしょう。また、汗のかきすぎも痛風になる原因であると言われています。なので、激しいスポーツやサウナなどでよく汗をかく人も注意が必要です。痛風になると生活に様々な悪影響を与えますので、こういった予防が非常に大事になってきます。そんな痛風が発症し、痛さを我慢しているだけの人は数多くいます。確かに、痛風は激痛が走りますが、そのままにしておくとまた痛みが引いていきます。その為、病院にいかずにほったらかしにしている人が多いのです。しかし、痛風をそのままにしておくと、さらなる病気の原因になるため注意が必要です。痛風をほったらかしにしておくと、足だけではなく、体中に痛い箇所が広がります。また、尿酸値が高いため、腎臓にもダメージを与えるのです。そして腎臓がダメージ受け続けると腎不全などの重い病気の原因にもなります。その他にも、脳血管障害などの命に関わる病気の原因にもなるため、痛風は我慢せずに病院でしっかりと診察してもらいましょう。病院では痛風の治療から、毎日の食事の方法まで細かく指導してくれます。尿酸値を下げるお薬も処方してくれるでしょう。

体の中を見る

看護師

病気や怪我をしたら人は病院に行きます。怪我などは外科になりますが、病気をしたと感じた場合まずは内科に行きましょう。城東区にはこういった内科の病院が数多くあり、診察をしてくれます。

もっと知ろう